Mobavle Typeで作ってみよう!

Movable Typeのダウンロードとアップロード

今回はMovable Type5を対象にしてインストール方法をご説明いたします。

Movable Type本体のダウンロード

公式サイト(http://www.sixapart.jp/movabletype/)から、Movable Type本体をダウンロードします。 ダウンロードが完了し次第、ダウンロードしたMT-5_01-jaを解凍してください。

アップロード

FTPなどでサーバーへ接続し、公開ディレクトリ以下にmtディレクトリを作成の上、作成したmtディレクトリ内にMT-5_01-jaフォルダ内の全てのファイルをアップロードします。

Movable Typeのインストール

アップロードしたディレクトリにアクセスし、ログインをクリックします。
例:http://example.com/mt/

「Movable Typeへようこそ」という画面が表示されますので、「開始」ボタンをクリックしてください。

次に「システムチェック」の画面が表示され、「必要なPerlモジュールは揃っています。」と表示される事を確認します。この時Perlモジュールに不足がある場合は、サーバー管理者に問い合わせを行ってください。

「次へ」をクリックします。

「データベース設定」の画面が表示されますので、以下のとおりに設定してください。
データベースの種類:MySQLデータベース
データベースサーバ:localhost
※外部DBサーバーを利用される場合そのホスト名かIPアドレスを指定します
データベース名:使用するデータベース名を指定
※予めデータベースを作成する必要があります。
ユーザー名:使用するデータベースユーザー名を指定
※予めデータベースユーザーを作成する必要があります。
パスワード:使用するデータベースユーザーのパスワード
※予めデータベースユーザーのパスワードを設定する必要があります。

「接続テスト」をクリックします。ここで設定に問題がない場合、データベースの設定が完了しました。と表示されます。メッセージを確認し「次へ」ボタンをクリックします。
データベース設定完了後の「次へ」に進んだ画面で、「メール設定」 画面が表示されます。
「メール送信プログラム」は「Sendmail」を選択します。
「sendmailのパス」は「/usr/sbin/sendmail」を入力します。
「テスト送信するメールアドレス」は任意のメールアドレスです。
テストを行いたい場合、「テストメールを送信」ボタンをクリックします。
正しく設定されると「メール設定が完了しました。」の画面が表示されます。メッセージを確認の上で「次へ」ボタンをクリックしてください。

「構成ファイル」の画面が表示され、「Movable Type Proの設定を完了しました。」と表示されれば設定が完了ということです。
「次へ」ボタンをクリックします。

「アカウントの作成 」の画面が表示されます。
「ユーザー名」は、管理画面にログインする際に必要になります。
「表示する名前」は、ブログ上に表示する名前(タイトル)です。
「電子メール」は、任意のメールアドレスを指定してください。
「パスワード」は管理画面にログインする為のパスワードです。
「パスワード再設定用のフレーズ」は、パスワードを忘れてしまった場合の再設定時に必要となります 。

設定事項を入力後、「インストールを続行」をクリックします。
「最初のブログを作成」の画面が表示されます。
「ウェブサイト名」は、任意の名前です。ブログの名前は後で設定しますので、ここはサイト名になります。
「ウェブサイトURL」は、ウェブサイトのURLです。ブログURLは後で設定します。

「公開パス」は、ウェブサイトのディレクトリのパスです。もし不明な場合、サーバー管理者に問い合わせてください。

「テーマ」は、任意で選択してください。
「タイムゾーン」は、通常では『UTC+9(日本標準時)』を選択します。
「データベースを初期化中...」の画面が表示され、「インストールを完了しました!」と表示されることを確認します。

ブログの構築

「Movable Type にサインイン」をクリックします。
「ユーザーダッシュボード」が表示されますので、「新しいブログ」をクリックします。
「ブログの作成」が表示されます。
「ブログテーマ」は、ブログのデザインですが、こちらは後からでも変更可能です。
「ブログ名」は、ブログの名前です。
「ブログURL」は、ブログのURLです。例:http://example.com/blog/
「ブログパス」は、ブログを設置するディレクトリのパスです。こちらはわからない場合、サーバー管理者に問い合わせてください。
「タイムゾーン」は、通常では『UTC+9(日本標準時)』を選択して下さい。
「設定を保存しました。 設定を有効にするために再構築してください。」と表示されますので、再構築をクリックしてください。
「ブログを再構築しました。」と表示されれば、ブログの環境構築の完了です。

以上でMovable Typeインストールは完了です。
おつかれさまでした。


おすすめサイト

ポイントで稼ぐならi2iPoint
http://point.i2i.jp/
空いた時間に簡単お小遣い稼ぎ!業界最高水準の還元率!
バイナリーオプション業者を比較しよう
http://www.binary-cafe.com/
初心者に人気のバイナリーオプションを比較して探そう!
ダイビングショップを見つけよう
http://www.aqros.co.jp/
ダイビング器材のことならここでバッチリ!
お得な特典で電力を比較!
http://enechoice.jp/
電力の自由化で選択の幅が広がる!失敗しない電力会社選びならエネチョイス。